長期的な視野における歯科治療を

長期的な視野における歯科治療を

もし、ずっと気にしていた銀歯や欠けた歯がきれいに白い歯になったら、鏡を見るたびにうれしい気持ちになるのではないでしょうか。しかし歯科治療で大切なのは、見た目の美しさだけではありません。白い歯になること以前に、根本的なお口の中の問題が解決されているか、またそれを長く維持していけるかが大切になるのです。

朝霞駅から徒歩5分(朝霞市役所前)の歯医者「朝霞本町ファースト歯科」では、今見えている問題だけを解消するのではなく、長期的な視野でお口全体を見た包括的な治療のご提供に努めています。こちらでは、白い歯になる前に知っておいていただきたいことをご紹介します。

土台の重要性~根管治療の役割~

土台の重要性~根管治療の役割~

重度の虫歯で歯冠部分が失われてしまった場合には、上部に白いセラミック製の被せ物を装着すれば、見た目は回復できます。しかし、その前には根管(こんかん)治療をきちんと行うことが必要です。

根管治療とは、虫歯の悪化によって死んでしまった神経・血管を根管という細い管の中から取り除き、根管の内部をきれいに洗浄・消毒して薬剤を充填する治療です。この治療によって、従来なら抜くしかなかった重度の虫歯も残すことができます。

しかし根管は大変細かく複雑に枝分かれしており、確実な処置が難しいために、再治療が必要になってしまうケースも少なくありません。しかし逆にいうと、この治療が確実に行えればその歯は抜かずに残せるのです。

白い歯を取り戻し長持ちさせるためには、正確・精密な根管治療によって、被せ物の土台となる歯根をよい状態に整えることがとても重要になるといえるのです。

根管治療の流れ
Step 01 Step 02 Step 03 Step 04 Step 05
歯を削って根管を露出させます。 根管の深さを測ります。 根管を広げ、内部を洗浄・消毒します。 根管を薬剤で充填して密封します。 上部に被せ物を装着し、治療は完了です。
歯を削って根管を露出させます。 根管の深さを測ります。 根管を広げ、内部を洗浄・消毒します。 根管を薬剤で充填して密封します。 上部に被せ物を装着し、治療は完了です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

包括的な治療を

包括的な治療を

「今見えている悪い部分だけを治療する」そんな歯科治療をくり返していれば、お口の中はまるでつぎはぎだらけになってしまいます。お口は全体のバランスがとられてこそ正しく機能しているため、一部分だけを見て治療してもいずれまた別の部分にトラブルが起きてしまいかねません。

そこで大切なのが、包括的な治療です。現在症状が見られている部分だけでなく、お口全体をバランスまで含めてしっかり診察し、それをふまえて適切な治療を行うことが大切になるのです。当院では「今」だけでなく「将来」までを見すえ、広い視野での治療を行うことで、皆さんのお口の健康と美しさをサポートいたします。

保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療の違い

歯科診療には、保険が適用されるものと自費になる場合があります。保険診療で行えるのは「最低限の機能回復」とされており、使用できる素材や治療法に制限がありますが、自費診療には一切制限がないため、機能性はもちろん審美性などもとことん追求することが可能です。その違いを比較してみましょう。

  保険診療 自費診療
審美性 見た目が不自然で、治療箇所を他人に気づかれやすくなる まわりの自然な色を併せられるため、どこを治療したのかわからない仕上がりにできる
機能性 素材や治療法に制限があるため、機能性や装着感などの回復はある程度となる 選択肢に一切制限がなく、理想通りの機能性や装着感を取り戻すことができる
安全性 銀歯などの歯科金属が、金属アレルギーの原因になることがある 身体に安全な素材を用いたり、安全で高度な治療を選択したりできる
費用 自己負担は一部となるため、比較的抑えられる すべて自己負担となるため、比較的高額になる