自分に合った“咬める入れ歯”を

自分に合った“咬める入れ歯”を

あなたは「入れ歯」にどんなイメージをお持ちですか? 「見た目が目立つ」「食べたいものが食べられない」「外れやすい」……。マイナスイメージが多いのではないでしょうか。しかしそれは、従来の入れ歯の話。近年では高機能な入れ歯がたくさん登場しています。

こちらでは、朝霞駅から徒歩5分(朝霞市役所前)の歯医者「朝霞本町ファースト歯科」が入れ歯治療についてご紹介します。きちんとした検査の元で適切な過程をふめば、入れ歯は「咬める」「快適な」ものをつくることが可能です。まずはお気軽に当院までご相談ください。

歯を失ったときは、そのままにしないで

歯を失ったときは、そのままにしないで

虫歯歯周病が悪化して抜歯を余儀なくされた」「転倒して歯が抜けてしまった」など、さまざまな原因によって歯を失ってしまうことがあります。そんなとき、大切なのは「すぐ」の対処です。

歯を失っても、「1本くらい大丈夫だろう」と、中には放置される方がいるのも事実です。しかし歯は1本でも失うとお口のバランスを崩して歯並びや咬み合わせを乱し、さらには全身のバランスにまで悪影響を与えてしまいます。歯を失ったときには決してそのままにせず、できるだけ早く適切な治療で機能を回復させましょう。

歯を失ったときのさまざまな治療法

失った歯の機能を回復させる治療には、次のものが挙げられます。それぞれ特徴をしっかり理解した上で選択しましょう。

入れ歯 インプラント
入れ歯 インプラント
失った歯の本数に合わせ、部分入れ歯・総入れ歯を製作します。手術が不要で多くの症例に適応が可能です。 顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着します。自然な咬み心地・見た目を得ることができます。
ブリッジ 自家歯牙移植
ブリッジ 自家歯牙移植
失った歯の両隣にある健康な歯を削り、それを支台にして連なった人工歯を橋(ブリッジ)のように架けます。 親知らずなどの不要な歯を、歯を失った部分に移植する治療です。症例によっては、保険適用が可能です。

入れ歯の保険診療・自費診療

入れ歯には、保険が適用されるものと自費になるものがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、その両方をふまえ、長い目で見てご自分に適したものを選ぶことをおすすめします。

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
メリット
  • 費用を抑えられる
  • 治療期間が短い
  • 修理が簡単
  • 素材や治療法の選択肢が豊富
  • 見た目、装着感、咬み心地、強度など、納得いくものを追求できる
デメリット
  • 素材や治療法がかぎられている
  • 見た目、装着感、咬み心地の回復はある程度
  • 比較的壊れやすい
  • 費用は比較的高額になる
  • 治療期間が比較的長い
  • 修理できないものもある

当院の入れ歯治療メニュー

レジン床義歯(保険診療)
床部分がレジン(歯科用プラスチック)でつくられた入れ歯です。床が厚いため違和感があり、見た目も入れ歯だとわかりやすくなりますが、費用を抑えられ、治療期間が短いなどのメリットもあります。 レジン床義歯(保険診療)
金属床義歯(自費診療)
床の部分が金属でつくられた入れ歯です。床を薄くできるため軽く、違和感も低減できます。また熱伝導率が高いため飲食物の温度を伝えやすく、食事をおいしくとることが可能です。 レジン床義歯(保険診療)
ノンクラスプデンチャー(自費診療)
保険診療の部分入れ歯にある金属のバネ(クラスプ)をなくしたものです。バネがなく、自然なピンク色の歯ぐき部分で固定するため、目立ちにくい上に金属アレルギーのリスクもありません。 ノンクラスプデンチャー(自費診療)
マグネットデンチャー(自費診療)
残っている歯根と入れ歯の内側に磁石を取り付けて、強い磁力で固定する入れ歯です。ずれたり外れたりしにくいためしっかり咬め、見た目も自然です。また取り外せることでお手入れもしやすくなります。 マグネットデンチャー(自費診療)
コーヌスクローネデンチャー(自費診療)
茶筒のふたのようなしくみで、歯根側に内冠、入れ歯側に外冠を付けて固定する入れ歯です。ずれたり外れたりすることがなく、しっかり咬める上に、取り外してのお手入れもしやすいのがメリットです。 コーヌスクローネデンチャー(自費診療)