虫歯のこと、よく知っていますか?

虫歯のこと、よく知っていますか?

虫歯と聞いて、「どんな症状なのかわからない」という方はまずいないでしょう。虫歯はそれほどポピュラーなお口のトラブルです。しかし虫歯について本当に正しく理解しているという方は、実際には少ないかもしれません。そのために多くの方が虫歯治療をくり返しているのが現実です。

こちらでは、朝霞駅から徒歩5分(朝霞市役所前)の歯医者「朝霞本町ファースト歯科」の一般歯科が、虫歯のこと、また虫歯治療のことをくわしくご紹介します。正しい知識を持ち、虫歯としっかり向き合いましょう。

虫歯とは?

虫歯とは?

虫歯とは、お口の中のプラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が、食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、徐々に歯質を溶かしていく病気のことです。歯はエナメル質に守られてもともと骨よりも硬いものですが、虫歯ができる条件が整うと時間をかけて徐々に破壊されていきます。

また虫歯は一度なってしまうと決して自然治癒することがありません。さらにいくら適切な治療をしても、再発のリスクを背負い、治療をくり返して最後には歯は失ってしまうこともあります……。大切な歯を守るには、早期発見・早期治療および予防に努めることが大切なのです。

虫歯になる原因

虫歯になる原因

虫歯の原因は一つではありませんが、直接的な原因として挙げられる代表的なものは虫歯菌です。虫歯菌が棲みつく細菌の塊プラークが、みがき残しによって増えていくことが大きな問題です。プラークの中で増えた虫歯菌は、食べカスに含まれる糖分を栄養源にして活発化し、時間の経過によって歯を溶かしていき虫歯ができるのです。

また虫歯のなりやすさは、歯質の強さ・弱さも影響します。つまり「虫歯菌」+「糖分」+「時間」+「歯質」これが、虫歯発症の原因になるといえるでしょう。

確実に虫歯を治療するために

虫歯治療を確実に行うためには、事前の詳細な検査・診断が欠かせません。当院ではレーザーを用いた指南や、唾液検査によって、虫歯の有無や大きさ、さらに虫歯リスクを調べ、一人ひとりに適した治療を行っています。

レーザーでしっかり診断

当院では、レーザーを用いる虫歯の診断器「ダイアグノデント」を導入しています。レーザーを歯の表面に照射することで虫歯の度合いが数値で表示されるため、目診では見つけにくい歯と歯の間などの虫歯も逃さず確認することが可能です。

これによって早期発見・早期治療が可能になり、歯を削る量を少なくすることができます。

唾液検査でリスクを調査
お口の中から唾液を採取し、細菌の種類や量などをくわしく調べる検査です。一人ひとり異なる虫歯リスクを把握できるため、適切な治療・予防が可能になります。

重度の虫歯には根管治療

重度の虫歯には根管治療

従来、重度にまで悪化した虫歯は抜歯するしかありませんでした。しかしお口の中は、すべての歯がそろってバランスがとられており、1本でも失うとさまざまなトラブルを招いてしまいます。できるかぎり、歯は抜かないほうがいいのです。

そこで近年では、根管(こんかん)治療が行われるようになりました。根管とは、歯根の中をとおる神経や血管が入った細い管のこと。その中から、虫歯の悪化によって死んでしまった神経・血管を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して薬剤を充填、その上に人工歯を装着して咬む機能を回復させるのが根管治療です。

根管はとても細かい上に複雑に枝分かれしているため、治療には高度な技術が必要です。しかしこの治療が確実に行える歯は、従来抜くしかなかった歯も残すことができるかもしれないのです。