かみ合わせについて

かみ合わせが悪いとこんなことも

かみ合わせが悪いとこんな事が起きる可能性も出てきます。

 

1.かみ合わせが悪いとプラークが停滞しやすく虫歯になりやすい

 

かみ合わせが悪い方は虫歯になりやすくなります。歯の汚れは、歯と歯がぶつかったり、食べ物をよく噛んだりすることによって落ちたり、付きにくくなったりします。。かみ合わせが悪いと歯が当たる部分が少なくなり、自然に汚れが落ちないため、虫歯になってしまいます。

 

2.かむ力がまっすぐに加わらず歯が揺さぶられ骨がダメージを受けやすい

 

かみ合わせが悪いと、かんでいる歯だけに負担がかかるために歯周病になります。

かみ合わせが悪い方はかんでいる歯に想定以上の強い力がかかり、歯周病が進行しやすくなります。まっすぐでない、斜めからの力は歯を支えている骨を吸収させてしまいます。

 

3.しっかりとした歯科治療が難しい

 

かみ合わせが悪い方は歯並びが悪い事が多く、斜めや凸凹しているため歯科治療が難しくなります。歯の方向に合わせて治療をしようとすると歯の軸とは違う方向に被せなくてはいけないために、治療後歯が割れたり、神経が近くなり痛みの原因になります。

 

4.かみ合わせが悪い方は顎関節症になりやすい

 

顎関節症はかみ合わせがいい方にも起こりますが、かみ合わせが悪い方は悪化しやすい傾向にあります。かみ合わせが悪い方は、かんだ時に安定しないために、顎の関節に負担が多くかかります。

 

 

5.左右の顔の筋肉の大きさが変わり顔がゆがみやすい

 

顔は表情筋や咀嚼筋(そしゃくきん)などの筋肉で多くの部分が作られています。かみ合わせが悪いと片方だけでかむようになり、筋肉の厚さが変わり顔がゆがんできます。その下の骨は筋肉の厚みによって変化するので最終的には顎の形が変わってきます。

 

6.かむ筋肉は頭の横に繋がっているため偏頭痛になりやすい。首にも繋がってい   るので肩こりも。

 

噛む筋肉の側頭筋(そくとうきん)は顎の関節から頭の横につながる筋肉です。かみ合わせが悪いことによって側頭筋が緊張し、頭痛となって現れることがあります。

また、顔の内部に着いている筋肉は肩こりにも影響があることが多いです。