お子さんの歯の健やかな成長を

お子さんの歯の健やかな成長を

お子さんの乳歯は永久歯よりやわらかく、虫歯になりやすいということ、知っていますか? また乳歯の虫歯は永久歯を虫歯にするリスクを高め、健やかな生え替わりを阻害するなどトラブルを招きます。つまりお子さんの歯は、大人以上にしっかりケアすることが大切です。

朝霞駅から徒歩5分(朝霞市役所前)の歯医者「朝霞本町ファースト歯科」の小児歯科では、お子さんの歯の特性をふまえ、一人ひとりに適した予防・治療を行っています。お子さんの歯について気になることがあれば、お気軽に当院までご相談ください。

子どもの歯は家族が守る

子どもの歯は家族が守る

子どもは糖分が多く含まれる、甘いおやつが大好き。でも、まだ自分ではお口のケアをきちんとすることはできません。つまりお子さんの歯を虫歯から守るには、ご家族の協力が欠かせないのです。

毎日のブラッシングの際には仕上げみがきをしてあげる、また定期的に歯科医院で検診および専門的な予防処置を受けさせてあげるなど、子ども自身ではできないことをしっかりサポートしてあげましょう。

要注意!母子感染とは?

要注意!母子感染とは?

赤ちゃんのお口の中には、生まれつき虫歯菌がいるわけではありません。つまり、もしそのままの状態が維持できれば、子どもは虫歯にならないはずです。では、なぜ虫歯ができてしまうのでしょうか? その原因は「母子感染」です。

母子感染とは、お母さんやお父さんなどの身近な大人のお口から、虫歯菌がうつってしまうこと。コップやスプーン、おはしなどの食器を共有したり、スキンシップでキスしたりすることが直接的な要因となります。

母子感染を防ぐには

母子感染を防ぐには、使う食器を分けるなどの対処をとることはもちろん、身近な大人がきちんと歯科治療を受け、お口の中から虫歯菌を減らしておくことが必要です。大切なお子さんのために、まずはお母さん、お父さんが自分のお口を気にしてみましょう。

当院の小児歯科メニュー

ブラッシング指導
乳歯が生え、抜け、永久歯と混在する時期があり、そしてすべて永久歯に……。お子さんのお口の中は、成長によって一人ひとりまったく異なる状況にあります。それぞれに適した正しいブラッシング方法や、ご家族の仕上げみがきのコツなどを指導しますので、毎日のケアに活かしましょう。 ブラッシング指導
フッ素塗布
フッ素には、歯質を強化し虫歯菌への抵抗力を高める効果があります。そこで定期的に歯の表面に塗布し、虫歯になりにくい歯をつくります。乳歯にも永久歯にも効果的です。 フッ素塗布
シーラント
奥歯にある深い溝は複雑な形をしており、汚れが溜まりがちになって虫歯になりやすいのが特徴です。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)で溝を埋め、虫歯予防につなげるのがシーラントです。 シーラント

妊娠中の歯科治療~マタニティ歯科~

妊娠中の歯科治療~マタニティ歯科~

女性は妊娠すると、つわりが始まったりホルモンバランスが変化したりすることで、お口の環境が悪化しがちになります。そのため、虫歯や歯周病になりやすくなるのです。そこで当院では、妊婦さんの歯科治療を行うマタニティ歯科を設けています。

妊娠中でも、歯科治療は受けていたくことが可能です。治療のタイミングとして適しているのは安定期になりますので、自覚がなくても一度ご来院いただくことをおすすめします。

妊娠性歯周炎に注意が必要な理由

妊娠すると虫歯や歯周病になりやすくなりますが、中でも歯周病「妊娠性歯周炎」には注意が必要です。妊娠性歯周炎は、通常の歯周病と同じく悪化すれば歯を支える顎の骨や歯ぐきが徐々に溶かされていく上に、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を与えることがわかっているためです。

たとえば子宮に、陣痛に似た筋肉収縮を起こして早産・低体重児出産を招くことが挙げられます。早産・低体重児出産を招く大きな原因としては従来喫煙が問題視されてきましたが、歯周病が抱えるそのリスクは、喫煙の何倍も高いといわれています。お母さん自身のためはもちろん、大切な赤ちゃんのためにも、きちんと予防・治療に取り組みましょう。

矯正はお子様の正常な成長発育のため!

朝霞本町ファースト歯科で行っているお子様の矯正は、歯並びを奇麗にするためだけに行っているわけではありません。
正しく成長していってほしいという想いがあります。

数ある口腔問題の中でも、特に歯並びの悪さはお子様の正常な成長発育の大きな妨げになるといっても過言ではありません。

当院の矯正治療によって、お子様の正常な成長発育のお手伝いが出来ればと考えております。!

では何故歯並びが悪くなるのでしょうか?

一言でいえば、歯の大きさとあごの骨の大きさのバランスが取れていないからです。
ほとんどのお子様の場合、あごの大きさは小さく、その小さいあごに大きな永久歯が生えてきます。
すると永久歯がちゃんとした場所に並びきらないため、歯並びが悪くなってしまうのです。

子供の矯正

では、何故あごが小さいのでしょうか?

色々な理由が考えられますが、その1つとして舌の筋肉が発達しきっていないことがあげられます。

あごは、出生から10歳ぐらいまでの間に最も成長すると言われています。これはちょうど歯が生えてくる前から、永久歯に生え変わるくらいまでの時期にあたります。

つまり、生まれてから順調に舌の筋肉の発達が進まないと、あごの発達も弱く、未熟なあごには歯の生えるスペースが少ないのです。
結果的に、歯と歯が重なり合った小さな歯列になり、正常な本数の歯が生えることが出来ずガタガタの歯並びになってしまうのです。

下の写真は、このような成長を遂げてきた口腔内の様子です。
  • 成長を遂げた口腔内
  • 成長を遂げた口腔内2

歯並びも良くありませんが、舌に注目してください。舌が後ろの方にあるのがわかりますか?
下の写真と比べてみてください。

  • 成長を遂げた口腔内3

年齢は異なりますが、舌の位置の違いがよくわかると思います。

舌の後ろには気道があります。人間は鼻呼吸をするのが正常ですが、舌の後ろにあると(後退位を取ると)気道を塞いでしまい、息が出来なくなるので、口を開いて口呼吸するという事になります。

舌が後退位を取っていると、あおむけの状態では口呼吸すら出来ない状態です。
やむをえず横向きになって、舌に少しの隙間を作り、その隙間から呼吸することになります。
すると当然、取り込まれる酸素の量も減ってしまいます。

こうなってしまうと、正常な成長発育は望めません。

下あごの歯列の大きさは、舌の位置を決定する大切なものでもあるのです。
つまり、下あごの歯列というのは下の部屋の大きさに影響し、部屋が大きければ舌は自由に動け、正しい位置にいることが出来るのです。

歯並びの悪さは歯列を狭め、舌の部屋を小さくしてしまい、人間の正常な成長発育に大きな妨げになるといっても過言ではありません。

当院では、お子様にこの正常な成長発育を行えるような身体になっていただくお手伝いが出来ればと思います。